ロゴ

便秘薬などの種類と特徴を把握しておくと自分に合ったものが見つかる

自分にピッタリな便秘薬などを使うのが一番

レディ

お茶や薬剤

お通じを改善するための便秘薬には様々な種類のものがあります。なかでも有名なのが大腸刺激下剤アントラキノン系でしょう。大腸の蠕動運動を促進させる効果のある便秘薬です。比較的刺激の強い便秘薬なので、大量摂取などは避けるようにしましょう。
小腸を刺激することによってお通じを改善するのが、小腸刺激性下剤です。即効性の高いタイプの便秘薬で、どうしてもつらい時などに有効でしょう。服用してから2時間から3時間程で効果が体感できると言われています。また、便秘だけではなく食中毒や食あたりなどにも活用されているのです。
薬物だけではなく、お茶を飲用することによって便秘を改善することもできます。ダイエット茶などを飲むようにすると良いでしょう。お茶の場合は薬物に比べると穏やかに効果が表れると言われています。少し様子がおかしいと思っている人は、お茶を飲むことで便秘を防げるでしょう。

主な便秘の種類

  • 弛緩性便秘
  • 直腸性便秘
  • 痙攣性便秘
  • 急性便秘
  • 器質性便秘

勉強しておく

便秘をしっかりと理解することで、より効果的に便通を良くしていけるようになります。また、予防にも役立つでしょう。それでは、早速便秘の疑問を解消していきます。

便秘Q&A

腸内

便秘薬が腸に届く時間は?

一般的に便秘薬を服用してから腸に届くまでの時間は、6時間から8時間程と言われています。体調や食事の内容によって変わってきますが、目安として覚えておくと良いでしょう。

なぜ女性に多いの?

女性の場合は腹筋の筋力が弱いことが便秘になりやすい原因として挙げられます。また、女性はホルモンの分泌によって腸の蠕動運動が低下するため、便秘になってしまうのです。

肥満だと便秘になるの?

肥満体質の人は、運動不足に陥るため筋力が低下します。そのため、排便機能も健康な人と比べて劣ってしまうのです。したがって、肥満体質の人は便秘になりやすいと言えるでしょう。

生活習慣を見直す

お通じを良くしたいと思っている人は、便秘薬やお茶などを活用してみると良いでしょう。すぐに効果が実感できるはずです。また、日頃の生活習慣を見直すことによって、より効果が高まります。生活習慣も整えるようにしましょう。